カードローンやクレジットが返せなくなりました。
戦わない戦い | 消費者金融は成立しているか | 借金の整理法を考える | 雑記 | らーめん | 番外・・・ダンナの借金 | 未分類 | 
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
≪2005.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.01≫
プロフィール

cheese

Author:cheese
居住地:北海道
性 別: 女
血液型:O型

最近の記事
カテゴリー
読んでいるブログ
  = 新着記事

最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
「 2005年12月 」 の記事一覧
フリーエリア

 当ブログは引っ越ししました → http://55kbt.blog78.fc2.com/

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.12.30 Fri
川内さん
12月30日(金)

 明日のアルバイトが無くなって、休みになった。

 今日、アルバイト先で帰り仕度をしていると、同僚の川内さんに明日の予定を聴かれた。
 明日もバイトだと答える。

 川内さんは、家のこともあるだろうし大変でしょうと心配してくれる。

 子供は夜遅くのJRで帰ってくるし、ダンナもお酒とつまみがあれば一人でも文句は言わない。

 ぜーんぜん大丈夫だよと答えた。

 が、川内さんは引かない。
 自分は休みだけど変わってあげると、しつこく言われた。
 最後には、頼まれた。

 川内さんは、70才くらいで、早くに旦那さんを亡くして一人暮らし、お金にも困っていないと聴いている。
 
 だとしたら、そこまで仕事に出たい理由は・・・・寂しいから?

 ん~そうかもね、普通の日より、一人っきりが寂しい日かもね・・・・・などと考えながら、お金に困っている私は、お金に困っていない川内さんに仕事を譲った。



スポンサーサイト

雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.29 Thu
差押調書(謄本)
12月29日(木)

 今日、ダンナに〔 差押調書(謄本)〕なる物が郵送で届いた。
 差出人は、○○市長。

 ダンナは2ヶ月位前に乗用車を売った。
私の車があるので、燃料食いのダンナの車を処分した。

 考えてなかったけど、年度途中で車を手放したので、自動車税の還付があるらしい。

 その還付金を差し押さえたと、連絡を送ってきた。

 固定資産税を延滞していたので、それに充てるとの事だ。
 まあ、それは仕方がない。

 でも、驚いたのは、自動車税は支庁、固定資産税は市役所と扱う先が違うのに、すんなりと差押え出来ることだ。

 市役所に延滞した時点で、連絡が行っているって事?
 恐るべし、役所の連携!

 市役所 ・ 支庁 ・ 税務署・・くらいは、情報が廻っていると考えた方がいいね・・・と、ダンナと話した。

 > 下記の通り、延滞金を徴収するため債権を差し押さえます。
 > 差押え後は、この債権の取立、譲渡、免除、期間の猶予、相殺等を
 >禁止します。

 お金に困っているから、税金を滞納してしまったとしたら、一方的な申し渡しでの強制執行は、どうだろう・・・と思うのは、身勝手か。

       ↓   ↓    ↓
 とにかく、市民の役に立つ所は困っている人の味方しては、くれないらしい。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.28 Wed
女だと思ってナメてんの!
12月28日(水)

 ○専○から電話が来た。

 朝一番で異議申立書をポストに入れたばかりの今日。

 何の用?

 まず、仕事に就いたか聴かれたので、正直にアルバイトに行ってる事を話した。
 その後、いつから行っているか、金額はいくらかあれこれ聴くので、今日、異議申立書を出したと言った。

 ○専○  「知ってます、連絡がきましたから」

えっ!! 今朝出したばかりだよ、それも普通郵便。

 すごいぞ、郵政公社!バイク便か君は!

 今朝出した郵便が午後には簡易裁判所に届き、○専○かその代理人に連絡が行ったのだろう。

 で、何の用?

 ○専○の話はこうだ。
 裁判所で話を進めると時間が掛かるので和解をしたいと思う。

 ついては公正証書を作って、保証人を立ててもらって、決めた金額を払っていくようお願いしたい。

 はあ~っ!

 和解と公正証書の何処が繋がるの。

 ほ・しょ・う・に・ん・? 馬鹿にしないでよ!女だと思ってナメてんの!!

 何処が和解なの!あきれた。

 相手が、本当の馬鹿なのか、何か考えがあるのか分からないし、そんなこと言える立場でも無いので、怒りたいところを我慢した。

 「異議申立書を出したので、裁判所から呼び出しがあるはずです。注意書にそう書いてありました、そこでお話したいと思います」
 きっぱり、しっかり、そう伝えた。

 はぁ~分かりました と、気のない返事で電話は終わった。


 何があったのか、考えたがよく分からない。
 裁判所の対応はこれほど早い物なのか。
 異議申立は相手の不利に働いたのか。
 和解という言葉は訴えを取り下げた・・と まで考えていいのか。

 「裁判所で話をしたい」で通すしか無いんだろう。

 少しは進んだのだろう。

 と、考えながら、時間のかかった今日のブログ。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.27 Tue
ノンビリした気分の年末
12月27日(火)

 ダンナの仕事の手伝いをしている頃は、お盆休みの前と年末は大変だった。

 お金も大変だったけど、何かに追いかけられているような、この世の中が終わってしまうような、それまでに終わらせることは終わらせて、仕事を残さないように・・・・

 休みになろうと、年が明けようと、ただ毎日が続いているだけなのに。

 今年は、そんな慌ただしさも無くのんびりしちゃってるなぁ~
 そうなると、大掃除さえする気になれない。
 おせち料理だって考えられない。
 ダンナと冬休みで帰ってくる息子の好きな物だけ作ることにして、特別な事はやめよう。

 異議申立書は何とか書けたし、明日投函したら間に合うだろう。

 アルバイトは31日まであるけど、こんなノンビリした気分の年末は何年ぶりだろう。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.26 Mon
外はすごい吹雪
12月26日(月)

 今週で今年も終わり。
 もうそろそろ出さなくてはと、異議申立書を書くことにした。

 ・ 支払いが滞るに至った事情

 ・ ○専○カードの使用期間、遡って利息を再計算希望

 ・ 今現在の家計の状況~毎月支払える金額・希望期間

 書きたいことは、これくらい。
 これが異議申立になるのかは、素人なのでわからない。

 ところが、なかなか進まない。

 裁判所に呼び出された事を考えて、気がつくとあれこれ想像してしまっている。
 妄想癖・・あったっけ。

 外はすごい吹雪。
 時々部屋が揺れるくらいの風が吹いている。
 昼間から、窓に雪が張り付いていて外の景色が見えない。

 バイトも休み。
 こんな日に、暖かくした部屋の中にいると、気持ちが良くて、ぼーっとしてしまう。 妄想癖も出てくるよ。

 とにかく明日こそ書いて郵送してしまおう・・・と・・今日が終わる。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.22 Thu
サラ金とクレジット会社は攻撃が違う?
12月22日(木)

 T社は、あれから(家庭訪問)電話が来ない。

 IF社は、12月は少ないが相変わらず同じ話。

 AC社は、日曜日にきたっきり。(月曜日に書こうと思っていたが裁判所からの手紙で書けず)

 と、様々だが、カードローン(サラ金?)3社はとにかく電話攻撃だ。

 それに引き替え NC○○社 ○専○ V○○○ は、最初立て続けに3度くらい電話が来て、その後はこなかった。
 
 そして、○専○の支払い督促。クレジット他社もこんな感じなのだろうか。

 年内は、アルバイトが忙しい。
 裁判所への呼び出しは困るので(そんなに早くは無いと思うけど)異議申し立ては期日ぎりぎりに提出する事にする。

 カードローン3社も何だか、だらだらしてきたけど、年内の進展は有るんだろうか。
 年内に少しでも・・・なんて事も、言わなくなった。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.21 Wed
督促異議申立書
12月21日(水)

 異議申立書は小さすぎる。

 A4用紙に
 Ⅰ 債権者名
 Ⅱ 提出年月日・債務者住所・電話番号・ファクシミリ番号・氏名
 Ⅲ 送達場所届出 (多分今後の書類を債務者住所に送るか別の場所に送るかって事)
 Ⅳ 異議申立理由
    □ 分割支払いを希望します 年月から  円ずつ分割支払希望
    □ その他~

 私はその他を書きたいのに、そのスペースは1行分しかない。
 A4の用紙1枚分くらい書くことが有る。書く前に裁判所に別紙で良いか訊ねようと思う。

 債権者名にはもちろん○専○の名前が記載されている。
 その記載はゴムのスタンプで押されている。
 裁判所でスタンプを用意するほど、この案件が多いとゆう事か。

 2年前この町(市)で人口の2.25%が自己破産したらしい。
 その他の年の事は聞いてないがすごい数字だ。
 
 この町の弁護士は相談を受けると、全員に自己破産を勧めるらしい。
 手続きが簡単で儲かるのだろう。
 去年、その弁護士は、立派な事務所付きの住宅を建てた。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.20 Tue
利息制限法に引き直して計算
12月20日(火)

 昨日来た支払い督促を見ていたら、気がついたことがある。

 5・6枚目 利息制限法の制限内の利率で計算しなおした計算書・・だ。

 わざわざ向こうから、利息制限法に引き直して計算してきたのだ。
 手続きを取るのに必要だったのだろうけど、計算期間が約1年だった。
 約1年で元金が30,000円近く減っている。
 
 この間まで請求されていた元金よりもだ。
 
 今現在残っている借入金が発生した時期からの計算なので、約1年前なのだと思う。
 このカードは20年前以上前に作った物で、これまで借りたり返したりを繰り返している。
 遡って計算してはくれないのだろうか。
 
 その事も、異議申立書に書こうと思う。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.19 Mon
この先の展開がわかる方いませんかー
12月19日(月)

 簡易裁判所から、支払い督促がきた。

 特別送達と書いた封筒に1,050円分の切手を貼って今日届いた。

 1枚目 支払督促
      事件番号・・・・支払い命令~2週間以内に督促異議の申し立てを
      しないときは、債権者の申し立てによって仮執行の宣言をする。
      日付・裁判所書記官名

 2枚目 当事者目録
      住所・債権者 ○専○ ・電話・ファックス
      住所・債務者 ○○(私)

 3枚目 請求の趣旨
     
 4枚目 契約の内容別紙

 5・6枚目 利息制限法の制限内の利率で計算しなおした計算書

 別紙1 督促異議申立書

 別紙2 注意書

 
 取りあえず異議申し立てをしようと思う。

 注意書の中に異議を申し立てた場合、裁判手続きで審理されます。
 裁判所で双方の言い分を聴き、必要な証拠を調べたり、支払い方法などについての話し合いをすすめる事もあると書いてある。

 異議を申し立てて、裁判所で話し合いするほか無いね・・・・・・

 誰か、この先の展開がわかる方いませんかー。     



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.15 Thu
塩鮭は焼き魚
12月15日(木)

 疲れた~

 知り合いの所でアルバイトをしてきました。
 鮭を梱包して宅急便の伝票を貼る仕事です。

 ビニール袋に入った塩鮭を塩鮭が印刷された段ボール箱に入れ、それを薄茶色の紙で梱包する。

 何と過保護な扱いでしょう、たかが死んだ魚に・・・って事もないか。

 働くと当然給料が発生する。
 強制執行になった場合給料も差し押さえの対象になるらしい。
 給料が28万円未満の場合は4分の1
 28万円以上の場合は21万円を超えた部分が全部、差し押さえの対象になるとの事です。

 裁判所の呼び出しもないので、その様な事態はまだまだ先だろう。
 バイト先の経理さんも社長も顔見知りなので、そのことを話して見たら 「まかせとけ!」 と言ってくれた。
 何をまかせると良いのか解らないが、まかせとこ。

 ここで本州の人に言っておくが、塩鮭は焼き魚でしか食べられません。
 フライにしたり、ステーキにしたり、鍋にはしないでください。
 間違っています。 まして、シチューになんてしないでください。

 今日バイト先の休み時間に
 「本州の人は、そおやって食べる人がいるらしいよ」
 そお聞いた物ですから。



雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.14 Wed
きっと良い解決法が有るはず
12月14日(水)

 最近ダンナは体操をする。屈伸をしたり、アキレス腱を伸ばしたり。体が硬くなってきた様だから、全身をほぐすのだと言う。
 血行も良くなるらしく、肩こりも減ったようだ。

 今朝もダンナは体操をしていた・・たばこをふかしながら・・

 ダンナ、それは体に良いのかい?

 T社は、あの家庭訪問以来、一度も連絡をよこさない。
 年末で忙しいのか、方針を変えたのか。

 他のカード会社の電話も減っているので、年末だからって事だろう。

 返済が滞った人が増えているんだろう。

もし返済が出来なかった人がこれを読んでいたら、出来ない物は出来ないのだから、ここで一旦立ち止まって考えましょう。
 電話が来ようと、カード会社の人が訪ねてこようと。

 私のやっていることは、解決法とは言える物では無いでしょう。
 でも、私は私なりにやろうと思います。

 あなたにも、きっと良い解決法が有るはずです。

 などと、偉そうな事を言っている・・私。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.13 Tue
全面的に拒否
12月13日(火)

 この前、IF社から電話が来たときに間違ってAC社に言うはずの条件を言ってしまった。
 元金が50万円近く残っている相手に、2,000円で3年間、72,000円で和解して欲しいと言ってしまった。
 途中で相手を間違えていることに気付いたが、やっぱり止まらなかった。

 IF社は1年位しか付き合いがないので、利息を計算し直しても近い数字が出るわけもなく、強引すぎる展開だと解っていたが、間違いでしたとは、いえなかった。
 そんな、条件は聞けない、ちゃんと考えるようにと言われた。

 今日、そのIF社から電話が来た。

 いつものように、状況確認から始まったので、「どうするつもりですか」まで待って前回と同じ条件を話た。

 IF社 「それでは7万円ですよ、全然足りないじゃないですか。何処かに相談するつもりは無いんですか」
 自己破産するようにと言っている。

 自己破産するつもりはない、個人再生法をやるお金もない、こちらでは一切の手続きをするつもりが無いと話した。

 IF社は、またくどくど最初から話し始め最後に 「解りましたか?」 と言った。

  「あなたの言っていることは、解りました。でも私の言った事も解りましたか?私は考えを変えるつもりは有りません。と言うことは、あなたの話を理解しても解決しないと言うことです。だから調停でも裁判でもして解決するしかないじゃないですか。私にはそれをするお金が有りません。そちらで手続きを取るしか他に方法は無いと思いますよ」

 みたいな事を一気に話した。もっと長かったが一気に話した。

 IF社は上司に相談すると言って、次回連絡の日時も言わずに電話を切った。

 少しは進んだのだろうか。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.12 Mon
うすら関西人は「う~ん」と唸った
12月12日

 AC社からやっと電話が来た。忙しかったのだろうか。
 年末になって支払いが出来ない人が増えたとか。

 うすら関西人だった。

 もし忙しくて沢山の人に電話をするのなら、うすら関西人は適任だ。今日も流れ作業のように、状況の確認から今後の支払い意思確認まで、すらすら話す。
 こちらの返事など聞いていないかの様に。

 最後の 「年末なので月末までに一ヶ月分でも入れてもらえますか」 、それだけは、はっきりと答えを求めているようだった。

 「いいえ」 と素っ気なく答えた。

 うすら関西人は黙った。こちらが続きを話すのを待っているようだ。
 言い訳するつもりはない。
 
 うすら関西人と私が同時に話し始めた。私は止まらない。
 「月々2,000円ずつで3年間、それで和解してください。それが駄目なら法的な手続きを取ってください」 裁判所の呼び出しにも応じると付け加えた。

 うすら関西人は「う~ん」と唸った。
 遠い汽笛を聞くようだった。

 法的な手続きはこちらからは出来ないと言い、そちらの条件では少なすぎる、そう言う事ならそちらで手続きを取ってくださいと言われた。

 AC社 「考えてください、そしてまた連絡をください」

     「考えても同じです」

 AC社 「それでは、お待ちしています」

 ちっとも話は進まなかった様だけど、こちらの条件を前よりは、しっかり伝えられた様な気がして、ちょっと軽くなった。

 AC社にはこれで押すことにする。 私がおれる事はあり得ない、何のとくもない。
 利息を無くするとAC社から話が出た時から、私には余裕が出来た。
 利息を無くする可能性は、私の持ち時間が延びる事だから。

 さあ、次の一手は!・・・って、ちょっとお酒が入ってます。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.09 Fri
AC社からまだ連絡がない
12月9日(金)

 AC社からまだ連絡がない、こちらから架ける約束をしたのだから、架けるべきなのだろうけど、架けたくない。

 T社以外の2社はこちらから電話を架けるとまず、オペレーター風の女の子が出る。
 「本人確認させていただきます」と言われ名前、生年月日他を答え、状況確認され、入金は何時になるか聞かれる。
 今までの話は無かったように。

 返せない話をさんざんした後、担当と変わると言っていつもの男の人が出る。
 また、同じ話が始まる。こちらから掛けると一手間増えるのだ。

 一度、女の子の質問に「答えたくありません担当の方と変わってください」と言ったことがある。

 ACオペ「担当は決まっていません、どうしてですか」

      「毎回話しているのに、何も解らない人にもう一度話すのは面倒です」

 ACオペ「いえ、今までの話はコンピューターに入っています。確認しながらお話ししております」

 じゃあ、と言うことで少し質問すると、以前の話がちゃんと控えられている様だった。 その上で、最初から話をさせている。
 かちん!と来た私は、ぐちぐち、ぐだぐだとACオペを責めた、女の子だとゆう事をいいことに、女としての年期はこっちの方が長いのよ!みたいに責めた。

 途中、あきれたACオペは、担当者に替わると言うので「結構です!」と言って電話を切った。

 ダンナに言われたことがある。
 おまえは、どうして怒ると口をきかなくなるんだ。
 おまえは、どうしていきなり電話を切るんだ。

 性格なので仕方がない。

 夜8時を過ぎても働いている、声の綺麗なACオペの女の子、あの時はごめんなさい。

 相手がいないと、素直に謝れる、私でした。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.08 Thu
今日も手紙の話
12月8日(木)

 ○専○から手紙が来た、珍しい封筒で来た。 小さな封筒で切手のところが印刷になっている、 金額は60円だ。 封書は定型で80円だと思っていたので、この郵便書簡と印刷された物を見て、感心していた。

 中身は、〔催告書〕だった。このまま入金されないと手続きを取ることになる。

 ① 信用情報センターへの不良顧客登録
 ② 各種クレジットの利用停止
 ③ 連帯保証人への通知・催告

 と書いてある。
 今までは10日置きくらいに、振り込み票を送って来たが、延滞2ヶ月を超えると〔催告書〕を送る決まりなのだろう。

 NC○○社は振り込み票だけ、V○○○カードは何も来ていない。 これから来るのだろう。

 あの、うるさいIF社は今週の月曜日に初めての手紙が来た。
 初めてなのに、〔通告書〕 手紙の最後に、貴殿の財産の処分を裁判所に申し立てる事になると書いてある。

 AC社は未だ1通も来ない。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.07 Wed
T社からの手紙
12月7日(水)

2030749.jpg



 T社からの手紙は沢山来る、送料も馬鹿にならないだろうに、せっせと送ってくる。(失礼)

 10月28日の支払日に支払い出来ず、30日までに払えば事故にならないと言われたが、払えなかった。

 手紙は10月30日作成(着いた日はわからない)から始まっている。

 ○ ご連絡  10月30 11月4・7・11・14・17・21・24・26・30日

 ○ 督促状  12月1・6日

 ○ 無題    12月4日

 11月11日までの〔ご連絡〕の内容は、毎度お取引ありがとう・・支払期限が過ぎている知らせ、・・支払い済みの場合は本状行き違い・・ご了承ください。

 11月14日からの〔ご連絡〕は、拝啓益々ご清祥のことお喜び・・と、丁寧に始まり・・入金が滞ったまま・・当社・・困惑・・私共も誠意を持ってご相談させていただ来ます。・・・・お客様の信用は決して失われておりません、お気軽にお電話ください・・・・

 12月に入ると〔督促状〕になった。前略 お客様のお支払い・・再三に渡り催告しております・・未だに返済・・回答を頂いておりません。
 ・・・・・・・・・期限の利益を喪失され、解約となっている・・一括返済されますよう、ここに催告いたします。
 (とびとびで読みづらくてすいません)
 応じられない場合は裁判所へ提訴も検討するとも書かれている。
 結構、長く、堅く、きつい内容に変わっている。

 T社が来る前の日の日付の手紙は色が違っている。 普段は水色でその時は緑だ。その後また水色が来たので、その時だけだと思う。
 内容も柔らかくなっていた、相談したいとか、解決法を見いだしていきたいなど。 最後はお体くれぐれもご自愛くださいませで終わっている。
 今日来た手紙はまた〔督促状〕に戻っていた。

 結論は、優しい内容の緑色の手紙が来たら、T社の家庭訪問が有る・・だ。

 くだらなくて、すいません。



戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.06 Tue
北海道弁
12月6日(火)

 IF社は芸がない、電話が来たが書くこともない。もはやお座なり、進展が望めるのか心配にもなる。

 AC社には、約束したけど架けないで、待つことにする。

 マシューのテレビ番組でなまり亭をやっていた。今日は北海道出身の女の子がでていたけど、放送されずに終わった。 きっと面白くなかったのだろう。

 よくテレビで北海道なまりを話している人がいるけど、あんな言葉を使う人は滅多にいない。 ネットでも北海道弁を使っている、北海道発信のホームページが有るけど、あれはサービスだと思う。



雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.05 Mon
T社の担当さんが家まで来ました
12月5日(月)

 今日、T社の担当さんが自宅まで来ました。 車を止めて、うろうろ表札を確認していたので、もしやと思っていたら、ピンポーン♪。

 ストレートの長髪を後ろに丁寧に流した髪型、上品なスーツ、若くてホストの様な人だった。
 そんな人が訪ねてくるはず無いので、カードローンの人だと思った。
 家に上げるのは嫌なので、ドアを開けてすぐ外に出た、人目は気にしない事にした。
 そんな人が訪ねてくるのは、初めてなので緊張してけど、心配するほどの事は無かった。

 挨拶をして、T社の○○ですと名乗りいつも電話で話す事を少し話す。
 その後
 T社「どうするつもりですか?自己破産は考えていますか?」

   「申し訳無いんだけど、それなりに経費がかかるし」

 T社「自分でやると、そんなに掛かりませんよ」 進めてる。

    「T社さんは、付き合いが長いから、法定金利に引き直したら、ゼロになるんじゃないだろうか」

 T社「そうですね、少し戻って来るかもしれません、それをやってくれませんか?」  また進めてる。

   「それだって、経費が掛かるから・・・」

 T社「う~ん」 下を向いて唸っている。 「このままって事ですかぁ」

 ずっと下を向いて唸っているので、一緒に下を向くと、担当さんの革靴が面白い形だった。 先の広がった、キャラクターのぬいぐるみが履くような革靴だったので、 「可愛い靴ね」 と言ってしまった。

 担当さんが、顔を上げて笑った。「いや~ふざけた靴ですいません」
 なんだか、和んで二人で笑った。

 その後、何かの方法で手続きを取って欲しいと頼まれたが、今のところ考えられないで、話は終わった。

 うつむいて帰る担当さんが、ちょっと可哀相だった。




戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.03 Sat
仕方ない
12月3日(土)

 土曜日だ、週休2日の休戦日、大好きな〈野ブタ。をプロデュース〉の日だ。
 
 最近解ったことがある。 彼らはお金を返して欲しい訳じゃない。
 彼らのお金を借りた訳じゃないので、当たり前のことだ。帰ってこないお金に喪失感を持ったり、返してくれない相手を憎らしく思うことがない。

 彼らは、商品の返済を迫る仕事や相手との関係に精算をつける仕事をしているだけなのだ。

 直接彼らの財布が痛むことは無い。

 もちろん業務が遂行できたかどうかで、社内の査定は有るだろうが、損金は有る程度想定してあるだろう。

 〔元金を全部返済させた〕 と 〔自己破産や他の法的解決でお金が返ってこない〕 は、彼らにとってあまり変わりがないのだ。 両方とも一つの仕事が終わった事だから。

 私のような、払えない、自分で法的な手続きは取らない、出来ればそちらで手続きを取って欲しい、そんな相手に取り立てをするのは嫌~な仕事に違いない。

 申し訳ないけど、仕方がない。 野ブタが始まったので、ここで終了するのも、仕方ない。




戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.02 Fri
うすら関西人
12月2日(金)

 T社に電話した、T社はもうあまり力が入っていない。もう架けなくても良いのかな、なんて思ってしまう。

 AC社からは電話が来た、うすら関西人だった。前回までの切れキャラ担当から交代になったのかな。
 うすら関西人は (こんな言い方があるのか解らないが) 話し方が優しく、すらすらと話す。
 こちらの事を心配している様な雰囲気を出したりする。
 話の中で、法的な手続きを言い出したのが私の方からだった様な事を言うので、いったん話を止めてもらって、そちらから出た話だったことを確認した。 本当ははっきり覚えていない。

 「次回は電話を頂いて、状況を教えてくださいね」

 妙なイントネーションのそんな台詞で電話は終わった。
 話の内容が、あまり頭に残っていない、BGMの様なうすら関西人。


happa_bar3.gif

戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.01 Thu
今夜は、飲んじゃいます
12月1日(木)

 旦那さんが、漁師をしている同級生の○○ちゃんが魚を持ってきてくれた。 時々持ってきてくれるが、今日はいつもの3倍の量があった。 ちゃんとご飯を食べているか心配したのだろうか。 
 いつもの様に早口で世間話を1時間ほどして、じゃあまたねと、帰って行った。
 ありがとう○○ちゃん。

 AC社から電話が来た。 前回の話は、延滞金カット、今後の金利なしで毎月6,000円を払うようにとの事だった。

 AC社は、このままでは一括返済をしてもらいます、を 話にタイミング良く入れながら、前回の条件を話す。 これは、あなたに対する救済策だと言うように話す。

 2,000円から3,000円なら払えると答えると、AC社の声が変わった。
 AC社の出した条件をこちらが、すんなり受けると思っていた様子だ。

 AC社ががなり立てるので、こちらも感情的になる。 一括返済を脅し文句の様に使う。 毎月払えない物が一括返済なんか出来るわけが無い!と、私も声が高くなる。
 
  AC社「こちらが法的手続きを取ると、一括返済になりますよ!!」

      「じゃあ、そうしてください!裁判長にちゃんと話しますから!」

  AC社「解りました、じゃあ法的手続きを・・」 

 私はそこで電話を切った。
 喧嘩の様だった。 裁判長って何だ?裁判とも調停とも決まってないのに。

 10分後、電話が鳴る。
 AC社だと名乗るが、さっきの人ではない。 うっすらと、関西弁の様ななまりがあって、優しい話し方をする人だ。
 その、うすら関西人が何を話したくて電話をかけてきたのかは、解らない。
 彼が話し始めてすぐ、法的な手続きを取るって言われました!と言って、私は電話を切ってしまったから。

 それから、電話は来なかった。

 今日はお酒を飲もうと思う。絡むわよ~覚悟して、ダンナ!


happa_bar3.gif

戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。