カードローンやクレジットが返せなくなりました。
戦わない戦い | 消費者金融は成立しているか | 借金の整理法を考える | 雑記 | らーめん | 番外・・・ダンナの借金 | 未分類 | 
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
≪2016.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.01≫
プロフィール

cheese

Author:cheese
居住地:北海道
性 別: 女
血液型:O型

最近の記事
カテゴリー
読んでいるブログ
  = 新着記事

最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

 当ブログは引っ越ししました → http://55kbt.blog78.fc2.com/

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.05.28 Sun
コメントの回答を記事にした~2
5月28日(日)

 今日も昨日のコメントを記事にしてみる~

>Posted by ひみつ
>時々、こちらを読ませていただいています。
>私は消費者金融ではありませんが、やはりキャッシングも商売にしている会社に属して
>います。
>確かに、ビジネスとしてお金を貸すのに、返済能力の見極めができなかったのは会社の
>失敗でしょう。
>ですが、あなたが信用情報機関に登録もなく真っ白な過去であれば、通常は『返済能力
>のある人』と判断して、お金を貸すことになります。
>それをあなたは会社のミスである、と堂々と言い切っている。


 そうです。堂々と言い切っています。
 信用情報機関の情報だけでは、十分な審査が行われたとは言えません。
 まして、2社目、3社目、それ以降は、他社借り入れの情報を得ています。
 その上で、収入金額から見ても、返済不能に成るような額を貸し付けているように
 思います。

 お金を貸して、利息と元金を受け取り、収益を上げる。
 その為には、契約を履行出来る人を選んでお金を貸す。
 それが出来なければ、商売としても成り立たないように思います。

>支払日に支払わない人の多くは「うっかり忘れ」です。
>うっかり忘れでない人が、確信犯的にお金を返しません。
>そして挙句に「(お金が)ないものはないから返せない」と堂々と言い返してきます。
>それは借りた側のわがままです。


 おっしゃる通り、借りた側のわがままですね。

>与信枠(借りられる枠)があっても、自分の返済能力を見極めて借りるべきなのに。
>そのコントロールをできない自分を棚に上げて、借りたお金を返さず、生活レベルをキー
>プするというのは本当に虫のいい話だと思います。


 勿論、借りる側のミスが有って、問題が起こっています。
 ただ、返済を含め、抱えている借金を解決するには、まず生活の安定が大事だと言って
 います。
 贅沢をしなさいとか、生活レベルをキープしなさいと言ってるつもりはありません。
 借金を背負ったからといって、罰でも受けているような生活をする必要はないのです。
 心身とも健康的に生活した上で、借金と向き合えば良いと思っています。

>あなたは、ビジネスとして『返済能力のない』自分に貸した会社のミスなのだから
>裁判になるまでほおっておいて、少しでも自分が返すべき額を減らすことを恥ずかしげ
>もなく宣言している。


 今まで、電話でのやり取りが有り、相手の希望も聞き、私の希望も伝えました。
 それで折り合いが付かないのであれば、次の解決策を考えなければ成りません。
 その解決策の中に、裁判所での話し合いが有る。
 ・・・・恥ずかしい事のように思えません。

>では好意で貸してくれた友人が居たとしたら、どうするのでしょう?
>好意で『返済能力のない』自分に貸した人がいたら、あなたは生活レベルを落として
>必死に返すのでしょうか?
>きっと、また別の理屈でもってお金を返さない気がします。


 生活レベルを落とすかどうかの問題では無く、必死に返しますよ。
 彼らの信用を失いたくありませんから。
 え~と、面倒なので、別の理屈も考えません。

 カードローン会社等の借金解決にも、必死に立ち向かっていますよ。


 今日、記事を書いていて思ってのですが、カードローン会社って、今の時代で成立する商売なのでしょうか。
 ・・・・・考えてみて、今度記事にします。

   →人気blogランキング


スポンサーサイト

戦わない戦い    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by やす
ありゃ、前日のやつにコメントしたら、書いてる間にcheeseさん自身のコメントが付いてました^^;
2006.05.28 Sun 15:45 URL [ Edit ]
Posted by 唐草
自分も苦しいです・・
でも借金はしたくないんです。
つらい毎日です・・
2006.05.28 Sun 16:36 URL [ Edit ]
K Posted by 名乗るほどでも~
面白い論点の議論ですね。
信義則としては、契約を履行しない者が悪い。
でも返済できないものは仕方がない。

管理人さんの仰るような方法が気に入らないのであれば、債権者としては法的手段を講じるしかない、ということでしょうね。
でも、多分そんなことまですれば利益を取れないし、時間がかかるから、債権者はきっと法的手段には踏み切らないのでしょう。

非常に割り切った、合理的な考えではありますね。

但し、契約というものが相手との信頼に基づいて行うという考え方に立てば、ちょっとどうかと思いますが。

まあ、債権者がここを見て管理人が誰かなんて分からないし、金貸しなんてある意味債務者を人と思っていない部分もあるから、そういうことはあまり気にしなくともいいでしょうね。

ご自身の信念を信じて、今後も頑張ってください。
2006.05.28 Sun 20:31 URL [ Edit ]
Posted by ひみつ。
取り上げてくださってありがとうございます。
私自身は直接、お金を返す部署にいるわけではないですが、やはり契約違反をした人のことは、(語弊がありますが)人と思っていないという部分があるようです。

でも、会社の立場から言えば、契約履行しない人だから、一種当然ですよね。

私が言いたいのは、外食する資金があるならば、契約履行できるようにより努力をするべきなのではないか?ということなのです。裁判所に行く前に、もっとできることがあるのではないか?ということです。

『罰を受ける』ような生活にまで切り詰めるべきなのではないかと思うのです。そういう契約を結んだわけですから。
ただ、それだけの努力をして、追い詰められて、自殺・・・・なんてことは誰も望んでいないです、もちろん。努力して、無理だと思えば、自己破産や債務整理をして、借金から解放されてほしいです。
ただ、管理人さんのブログを読んでいても、当然の努力をしていない気がしてしまうのです。

結局のところ、相容れない考え方なのかなぁ・・・と思いますが・・・(^_^;
2006.05.28 Sun 20:44 URL [ Edit ]
ここ何回か読んでいて。。。 Posted by 猫パン
むずかしい
そして色々な意見があるのだと痛感。。
考えさせられるものがありますよね
(~へ~;)う-ん

(~へ~;)う-ん。。。。。
2006.05.28 Sun 22:39 URL [ Edit ]
Posted by やす
cheeseさんも考えて今度記事にしてみる、ということをおっしゃっているので、ちょっと参考になるかと思い、中国での会社の話をしてみます。
中国では、会社間の取引で支払いを滞らせることが頻発します。
いかに滞納できるか、踏み倒せるかが担当者の一種の技術とみなされているくらいで、つまり、納品されたものに対して出来るだけ長い間お金を払わないということが一種の尊敬されるべき世渡り術として評価されるわけです。
もちろん、そんなことでは会社が成り立ちませんから、取り立てる方は大変です。
散々手を尽くしても甲斐なく、背に腹は替えられなくなると、最後には黒社会とよばれる、いわゆるやくざに取立てを依頼します。
しかし、相手もたいしたもので、すでにやくざを雇って防御を固めており、返り討ちにあうことすらあります^^;
まあ、いたるとことこんな感じなので、両者背に腹変えられず、何で返さねぇんだバカヤロー、見たいな感じで非常に明るくて健康的な感じもするのですが。
座頭一とか、戦後のようですね。
ちなみに、私の会社は日本の会社を相手に商売しているので、このようなことは無いのが救いです^^;
一方、こんな社会なので、個人ベースでの取立ては押して知るべしです。
借りた側は圧倒的な弱者で、ひたすらに搾取されつづけます。
もちろん貸した方は何でもありの世界で、圧倒的に優位でありつづけます。
数万円で実際に人身売買や臓器売買が可能な社会なので、、、
良し悪しはともかく、こうした暗闇からいち早く抜け出した日本の社会は、西洋ほどではないにせよ、法の支配というものが確立していて、こうして中国から日本のブログを眺めていると、cheeseさんやひみつさんの考え方や、態度などが、純粋に死活の問題ではなく、一種のモラルの問題として捉えられている所が、かえって新鮮でした。

ちなみに、私は「戦わないプログラマ」というコンピュータ業界の人向けの内容のホームページを見ていて、「戦わない」というキーワードがが面白くて、Googleで検索してみたところ、このブログを見つけて、以降、ちょくちょく面白く見させていただいています^^;
それでは。
2006.05.28 Sun 23:42 URL [ Edit ]
これが・・・ Posted by チキンハート
某巨大掲示板で「サイより厚い面の皮」と評された借金踏み倒し推奨サイトですか。
しかし、まさかここまで自己中心的な考えで世の中渡っていけると本気で思ってやしませんよね?
わざと過激なことを書いて、単なるアクセス(アフィリエイト?)稼ぎをしてるだけでしょう?
ランキングがあがるのはそんなにうれしいですか?
2006.05.29 Mon 00:03 URL [ Edit ]
Posted by およよ
チキンハートさんに1票!
A8ですね。
折角トップなんだから関連商材扱った方が良くないですか?
借金にウニ? 良くわかりません。

2006.05.29 Mon 01:39 URL [ Edit ]
多重債務者でした Posted by りーない
こんにちは。りーないと申します。
私は去年までの12年間、多重債務者でした。
今年の4月に、やっとすべての返済を終えました。

返済を終えてから、偶然にも、このサイトを拝見いたしました。

正直、終えてから見て、よかったと思います。

私は、ひみつさんの
>『罰を受ける』ような生活にまで切り詰めるべきなのでは
>ないかと思うのです。そういう契約を結んだわけですから。
という思いで、生活を切り詰めながら、ずっと返済を続けてきました。借りたきっかけは浪費ではないにせよ、借りたことに代わりはないのですから。
おそらく現在、1円でも借り入れ額を減らそうと思っている方々は、いつ抜け出せるかわからないトンネルの中で、ゴールの出口から一筋の光が差すことだけを心の支えに、爪にあかりを点すような生活を続けていると思います。それだけが、多重債務者に残された「確実に戦える」方法であり、亀のノロノロ歩みでありながら確実に返済できる道なのですから。

でも、cheeseさんは「戦わない」ほうを選びました。

正直に、言います。
あまりにもカンタンすぎやしませんか。

確かに、私も多重債務者の頃、喉から手が出るほどお金がほしい状況でした。
そんな思惑を察してか、サラ金からは「与信枠を10万から30万にする」「50万まで使える」と電話がばんばんかかってきました。「他社を紹介できますよ」とも言われました。でも、振り切りました。1社ずつ完済するたびに「何かご不満でも?」「もう少し完済はまってもらえませんか?今月限りでかまいませんのでお願いします」と、泣きつかれたことも1社や2社ではありません。

懇願してくる電話の相手先をバッサリ切り捨てることは
お金、という魔物だけでつながっている相手だとしても
やはり、気持ちのいいものではなかったです。
だって、相手は、自分の苦しいときに助けてもらった相手ですから。

そして、これが「ご利用は計画的に」の真の意味なんだと思いました。

貸すのも、借りるのも自由であるならば
借り手である自分は、責任のもてる範囲で借りなければならない。

私は、多くのことを、お金という魔物で学ぶことができたと思います。

まぁ、借金ですから、当然、借り方・貸し方にそれぞれ落ち度はあるとは思います。
でも、私は、Cheeseさんの態度が、解決法として「法的手段」が残されているのをいいことに、あれこれ理屈をつけながらも、ただ踏み倒してやろうという風に見えてなりません。
2006.05.29 Mon 02:56 URL [ Edit ]
Posted by K
みなさんご意見はあると思うけど、あくまで管理人さんの考えだからねぇ、そして債務の返済をしているのも管理人さん。
自分が一番いいと思う方法で借金を返せば、それでいいんじゃないのかな?それこそ切り詰めすぎて精神的負担になれば逆効果だし。

ただ、「日本においては」、考え方としてはちょっと過激だから、色々な人の目に触れるこういうところに書き込めば、批判の対象にはなるのかもしれないけど。

きっと管理人さんはそれも承知で書き込んでるんじゃないの?
2006.05.29 Mon 07:46 URL [ Edit ]
Posted by 梅
わたしもりーないさんの意見に賛成です。
自分さえ良ければいい、貸したあんたが悪いみたいにうつるんですよね。
あなたが借りたお金は魔法で出てきたのではなく、契約のもとに借りたから
手にしたわけで
でも正論はあなたには通じないんでしょうね。
困ったときには泣きついて、ふみたおすときにはサラ金は悪とか言っちゃうんでしょうね。
2006.05.29 Mon 08:44 URL [ Edit ]
Posted by わきわき
会社相手だから、踏み倒したってよいのだ、友人知人だったら、頑張って、返す・・・?  ビジネスとしての貸し金業だから、平気なのでしょうが、結局、管理人さんのように平気で踏み倒している人の分は、真面目にコツコツと、返している人が払っていることになるんでしょうね。ビジネスですからね。踏み倒している人が多ければ多いだけ、コツコツと返す人が泣いているんじゃないかなぁーー、って、思ってしまいます。ちなみに、私の家族もそういう立場でした。だから、大学になんて、あきらめましたよ。必死で働きましたよ。
2006.05.29 Mon 19:15 URL [ Edit ]
Posted by よっほい
借金の整理の仕方については、自己破産するもよし、任意整理するもよし、相手と交渉するもよし、無理して払い続けるもよし、なのではないでしょうか。

大事なことは、きちんと借金と向き合うことだと思います。
2006.05.29 Mon 23:32 URL [ Edit ]
Posted by cheese
唐草さん
借金をしないことが一番です。
私は、毎日を辛いと思わない事にしました。
笑って生きる事にしました。
・・・・で、この非難コメントの山です。
なんて書いたら、日本語解るのかって怒られそうです。
頑張りましょう。


Kさん・・・で良いのかな
契約というものが相手との信頼に基づいている・・・と言うのは、ちょっと疑問です。
信頼が有れば口約束でOKですから。・・・極端な理屈ですねぇ(;^。^A
まあ、私が思うようにやっていくつもりです。
ありがとうございます。


ひみつさん
債権者は契約に従って、法律に則って、契約を履行出来ない物を裁くべきです。
罰を与えるべきです。
自分で自分に罰を与えるべきでは、有りません。

>努力して、無理だと思えば、自己破産や債務整理をして、借金から解放されてほしいです。

これは、言わないでください。業者が早くこの業務から開放されたいが為に言う言葉じゃないですか。
ん~多少なりとも、ひみつさんは業者側としての意見が入ってますね。
そこが平行線の理由ですね。
勝手にコメントを記事に使わせて貰いました。
会話をしているようで、楽しかったです。 こんな記事も有りだなって思いました。
ありがとうございました。


猫パンさん
悩まないでください。
本当、色々な意見がある物です。


やすさん
カードローンやサラ金はアメリカでは成り立たない商売と聞いていましたが
中国は無法地帯の様に見えます。
借金や商売上のお金のやり取りが、死活問題で有る方が新鮮です。
だた、この日本でも借金に対して、その様に重くとらえて、よくない事を考えてしまう人も
少なくないようです。
そんな人にも、お馬鹿主婦の生活を見て欲しいのですが・・・


チキンハートさん
某巨大掲示板って何処ですか?
アドレス入れてください。お願いします。
世の中渡って行けるかどうか、解りませんが
たいして過激な事では有りませんよ。

およよさん
A8ですよ。
ねぇ 広告 見てみてよ。押してよ。
ウニ食べてよ。
関連商材なんて有るわけ無いでしょ。こんなブログに・・
今探してま~す。


りーないさん
これが私の戦い方です。
・・・・なんてね。
確かな方法を持っているわけでは有りません。
まず、生活を立て直す事から始めただけです。
その間に、相手とのやり取りがあったり、勉強したりと・・・現在に至ります。
踏み倒しと言う言葉がちらほら出てきますが
皆さんは踏み倒しの実態を知っていますか?
私の今の状況はそれに近づいているのでしょうか?
教えて欲しい位です。


Kさん
批判の対象になってますねぇ
私には過激に思えないことも、皆さんには過激なのですね。


梅さん
だから~私は、踏む倒す方に近づいているんでしょうか。


わきわきさん
私は踏み倒すなんて言ってませんよ~


よっほいさん
私も、大事なことは、きちんと借金と向き合うことだと思います。
2006.05.30 Tue 19:35 URL [ Edit ]
Posted by 名乗るほどでも~
いろいろな意見おもしろいですね。
勉強になります。

何に対しての損得か・・・・。

人生?お金?

今後は狭い視点じゃなくて、大きい視点でこのブログを応援していきたいと思っています!
2006.06.01 Thu 04:42 URL [ Edit ]
Posted by 名乗るほどでも~
信頼があれば口約束でいい?
何言ってるんだ。
口約束も契約だ。
2006.06.02 Fri 09:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pp48.blog64.fc2.com/tb.php/100-5920e0c1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。