カードローンやクレジットが返せなくなりました。
戦わない戦い | 消費者金融は成立しているか | 借金の整理法を考える | 雑記 | らーめん | 番外・・・ダンナの借金 | 未分類 | 
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
≪2016.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.01≫
プロフィール

cheese

Author:cheese
居住地:北海道
性 別: 女
血液型:O型

最近の記事
カテゴリー
読んでいるブログ
  = 新着記事

最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

 当ブログは引っ越ししました → http://55kbt.blog78.fc2.com/

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.12.12 Mon
うすら関西人は「う~ん」と唸った
12月12日

 AC社からやっと電話が来た。忙しかったのだろうか。
 年末になって支払いが出来ない人が増えたとか。

 うすら関西人だった。

 もし忙しくて沢山の人に電話をするのなら、うすら関西人は適任だ。今日も流れ作業のように、状況の確認から今後の支払い意思確認まで、すらすら話す。
 こちらの返事など聞いていないかの様に。

 最後の 「年末なので月末までに一ヶ月分でも入れてもらえますか」 、それだけは、はっきりと答えを求めているようだった。

 「いいえ」 と素っ気なく答えた。

 うすら関西人は黙った。こちらが続きを話すのを待っているようだ。
 言い訳するつもりはない。
 
 うすら関西人と私が同時に話し始めた。私は止まらない。
 「月々2,000円ずつで3年間、それで和解してください。それが駄目なら法的な手続きを取ってください」 裁判所の呼び出しにも応じると付け加えた。

 うすら関西人は「う~ん」と唸った。
 遠い汽笛を聞くようだった。

 法的な手続きはこちらからは出来ないと言い、そちらの条件では少なすぎる、そう言う事ならそちらで手続きを取ってくださいと言われた。

 AC社 「考えてください、そしてまた連絡をください」

     「考えても同じです」

 AC社 「それでは、お待ちしています」

 ちっとも話は進まなかった様だけど、こちらの条件を前よりは、しっかり伝えられた様な気がして、ちょっと軽くなった。

 AC社にはこれで押すことにする。 私がおれる事はあり得ない、何のとくもない。
 利息を無くするとAC社から話が出た時から、私には余裕が出来た。
 利息を無くする可能性は、私の持ち時間が延びる事だから。

 さあ、次の一手は!・・・って、ちょっとお酒が入ってます。



スポンサーサイト

戦わない戦い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pp48.blog64.fc2.com/tb.php/25-41992065

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。