カードローンやクレジットが返せなくなりました。
戦わない戦い | 消費者金融は成立しているか | 借金の整理法を考える | 雑記 | らーめん | 番外・・・ダンナの借金 | 未分類 | 
ブログ内検索
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
≪2016.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.01≫
プロフィール

cheese

Author:cheese
居住地:北海道
性 別: 女
血液型:O型

最近の記事
カテゴリー
読んでいるブログ
  = 新着記事

最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

 当ブログは引っ越ししました → http://55kbt.blog78.fc2.com/

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.05.05 Fri
水の底から
5月5日(金)


 今日も夢の話。
 私が時々見る、内容が同じ夢の話です。
 時々と言っても1年に1回くらいかな・・いつも爆睡状態だから見た夢をあまり覚えていない

 その夢に見る内容は、20年前位に実際に起きた出来事です。

 それは長男が1歳半位のよちよち歩きしている頃でした。
 私と、ばあちゃん(私の母親)が玄関先で話をしていて、長男が庭を一人で歩いていました。
 歩き始めた頃でしたから、靴を履かせると喜んで歩き回っていました。
 それを目で追いながら、二人は世間話をしていたのです。

 大して立派な家でもなく、広い庭でもないのですが、爺ちゃんが趣味で作った鯉の池が庭の隅にありました。
 長男がそこまで歩いて行って、鯉をのぞき込んでいました。
 池の縁に手をついて、楽しそうに見ていました。
 指をさして何かを叫んだり、笑ったり・・・・

 次の瞬間、長男は前回りでもするように、くるん・・と、池の中に落ちてしまいました。

 それを見ていた私とばあちゃんは、驚いて、ぎゃーぎゃー叫ぶばかりで一歩もそこを動けなかったのです。

 何秒かの短い時間だったと思うけど、「落ちた~」 とか 「早く~」 とか叫んでいたのでしょう。 ダンナが飛び出してきて、池まで走っていって長男を引き上げてくれました。

 「 見ていたのに、どうして直ぐ助けに行かないんだ!! 」
 ダンナに怒られました。当然です。

 幸い、長男は怪我もなく、水も飲んでいませんでした。


 後でダンナに聞いた話ですが
 ダンナが池を覗き込むと長男は、仰向けになって、池の底に沈んでいたそうです。
 ビックリしたように、大きく目を開け、こちらを見ていたと言うのです。

 ダンナに気がついて、だっこを要求する時のように、両手を差し出したそうです。
 ダンナはその手を捕まえて引き上げたのです。
 引き上げた瞬間 「 ひゅ~! 」 と、勢いよく息を吸い込んで、泣きもせず、ダンナにしがみついていました。

 本能なのでしょうか、長男は池の底で息を止め、助けが来るのを待っていたのです。
 パニックになって、呼吸をしようとしたら、水を飲んでいたでしょう。


 不思議な事に、私が見る夢は、その場面なのです。

 実際には見ていないのに
 長男が水の底からこちらを見ていて、両手を差し出す場面です。

 でも、あの日のダンナのように、その手を捕まえて助ける場面は無いのです。
 ストーリーは無く、その場面だけ、何度も見るのです。

 何故でしょう、長男は今も元気で、脳天気に暮らしているのに。
 直ぐに助けに行けなかった後悔でしょうか。


 彼が水の底から見たものはどんな風景だっただろう。
 私はそこに、いたかった。
 差し出した手を掴みたかった。

 そう思っているのでしょうか。

   →人気blogランキング


スポンサーサイト

雑記    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
私は落ちた経験があります。 Posted by シン
はじめてお邪魔しました。
読んでいて私の母の話を思い出したので、かきこしました。
私も長男さんと同じ年頃に、おふろで同じようなことがあったそうです。
いつもは父がおふろに入れていたそうですが、その日は仕事で帰りが遅く、“仕方なく”母が私をおふろに入れたそうです。
そして、母が自分の髪を洗っている間、私は浴槽に沈んでいたとのことです。よほどびっくりしたのでしょう。今でもたまにそのときの「私の顔」を思い出すそうです。
当の私はまったく覚えていませんが...
2006.05.06 Sat 12:18 URL [ Edit ]
Posted by cheese
シンさん
初めまして
同じようなことがあったと言うことは、やはり息を止めて沈んでいたんですね。
不思議ですね~赤ちゃんは。
2006.05.06 Sat 19:07 URL [ Edit ]
Posted by エルモ
うーん、多分・・・
弱いものは弱いものなりに、自分を守るすべを知ってるのかも?
荒地に生まれた鳥の雛が嵐の中じ~っと動かず親鳥を待っているのと同じかも。
トラウマになっていてお辛いでしょうけど、発想を変えて、息子さんのエールだと思えば?辛いときはこうしなさいって教えてくれているのかもしれません。
嵐はいつか去るから・・・必ず終わるから・・・
あ、決して他人事だと思って気楽なコメントしているわけではありませんよ。
前にもお話したような気がしますが・・・柳の木になってくださいね!僕はそうして乗り越えました。^^v
僕とcheeseさんが違うところがひとつあるのですが・・・
貴女は僕より、というか、全然比べ物にならない位頭がいいんです。僕のブログに書いてくれたコメントを読めば分かります。
改めて、頑張ってください!・・・・・とは言いません。言えません。
自然に、風のように行きましょう!ねっ!(o^∇^o)



2006.05.06 Sat 22:56 URL [ Edit ]
Posted by cheese
エルモさん
まず、ほめすぎです。
あんなところや、こんなところが、痒くなります。(^。^ゞ

同じ夢を見るのは、やはり何か理由があるんでしょうね。
トラウマ・・ですかぁ・・私に似合わない言葉ではありますが
その様なものなのでしょう。
柳の木・・了解です。 ありがとうございます。
2006.05.07 Sun 15:06 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pp48.blog64.fc2.com/tb.php/83-85dcb411

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。